忍者ブログ

メルマガ ディヴァインガーディアン情報

空の真法 ディヴァインガーディアン情報 バックナンバー
HOME  >    >  [PR]  >  空の真法 2012年6月 ディヴァインガーディアン情報  >  空の真法 わたし達は何かを見失っていないか?
[400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392]  [391]  [390

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空の真法 わたし達は何かを見失っていないか? 

★。.* 。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
空の真法 ディヴァインガーディアン情報 
★。. *。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
わたし達は何かを見失っていないか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年06月28日16:50
きらきら星へようこそ...☆さんからの抜粋。

■地上の先導者:神と神の審判、わたし達は何かを見失っていないか?
http://twinkle-star999.blog.so-net.ne.jp/2012-06-27

変化について伝え、行動の仕方や現時点で行動しなければならないことにについて伝えているすべてのメッセージをわたし達が読む時、わたし達が考えなければならないことがあります。

何故なら、わたしが確認しているように、次元上昇したあらゆる個人が、すべて愛情深いとも思いやり深いとも限らないからです。

今まで次元上昇をした人々の数々の集団が存在していますが、何故突然に、その集団の中のあらゆる個人が、こころに基づいて生きて、愛情深く思いやりがあるようになるのでしょうか?あるいは、その状態よりも他に何かあるのでしょうか?

わたし達はすべて、外部にある数多くのメッセージを通してわたし達に伝えられているすべての内容の背後の真実を探し求めています。そのため、数多くの物事について考えることが必要になります。

●何よりもまず、わたし達は本当にひとりの神が存在しているかどうかについて、結論を下すことが必要になります。

★存在していること事を証明する前に、私達が存在している事を祝福すべきで、それ以外に神を祝福する意味は無いと思います。私達がいて神がいます。同行二人(どうぎょうににん)といいますが、ツィンフレームの事ですね。精霊(神)と私達(聖霊)は同行二人なのです。

●わたし達が解明しなければならない2番目のことは、実際に裁きというようなものが存在し得るのか、ということです。

★裁くのも罰するのも、償うのも許すのも自分自身という事でしょう。他から制裁される理由はなくも無いように思われますが、実際はそうで無いのは、この宇宙のパラドックスが機能していないからでしょう。少しの歪みがカルマとなりマグマとなって存在しています。二元性の現実界は実際に不当な裁きが横行しています。それでも、ここに執着しています。私達は二元性を離れようと思えば何時でも出来ることを認識しています。私達の潜在意識(モナド)が選択している事です。

●数多くのメッセージが、特定の方法で、わたし達はひとりの人間としてある種の天国に入ることを許されるようにならなくてはならない、あるいは、わたし達が特定の方法でわたし達自身を表現しない限り、少なくともわたし達は前に進むことはできない、という表現をしています。

★自分自身のフィールド(アクシオトーナル・メリディアン・システム)が構築されないと無理というものでしょう。物理的に無理です。メディテーション・システムは潜在意識の領域の霊的な現実性を顕在意識に開放するものです。したがって、霊覚醒(5.1レベル)は霊格が特別高わけでもなく、誰もが通過できるレベルで、こころに基づいて生きて、愛情深く思いやりがあるとは限らないのです。最低限の通過儀礼という事です。

●わたし達は実際に霊の中に存在しているような状態に関して、その全貌を把握していないからです。

★あまり語られる事はない、霊覚醒を嫌う存在からの障害をうけている、権力を持ったものがそれを維持するために何でもしたという事です。二元性の行き着く先は二極性しかありません、富める者と貧困する者が争う、それが二元性サイクルなのですから。霊覚醒(サイキック)と霊格とが一致するとは限らないのは、低次元アストラル現実界だからです。高次アストラル現実界(コーザル現実界)では三元性の宇宙になります。コンティニウム(時空連続帯域)という、共有意識を基盤とした日輪像グリッドが構築されるからです。

その全貌を把握していないのではなくて、必要で無い意識エネルギー(アダムカドモン)は封印しているのです。レベルに応じた可能性を体験するためです、コンティニウムにはパラレル・コンティニウムが存在し、それぞれは独自の展界(進化)をしています、真実、真価は一つではなく無限にあるわけです。それそせれのパラレル・コンティニウム(時空連続帯域)でしか体験できない、ことが沢山あり、より多くの真実に向かい合う事ができるのです。現実界をゲットウェイしながまさしくトリプル・リアリティを愉しんでいるのですから。

現実界を通して、真実はクリスタルになるので霊レベルのエネルギーだけでは、こう多様な宇宙は創造できません。600億のモナドのソウル意識(魂の延長)が聖霊モナドとして帰還して、それぞれがスター(星霊)になろうとしています。中心ハートウェイ(黄金の薔薇)を中心核とする、新しい霊覚世界は弥勒の創世紀と言われています。

霊覚醒(サイキック)と霊格(中心ハート)、第3宇宙と第4宇宙のツィンフレーム、ソウル意識(魂の延長)と第5宇宙と第6宇宙のツィンフレーム、モナド意識との、同行二人(どうぎょうににん)で行きましょう。

●ひとりの人間の身体の内部で具体化しているひとつの霊として、ひとつの霊の身体になっているわたし達の最初の状態は、人間の経験や霊の経験にとって、何を意味しているのでしょうか。
たとえわたし達が肉体を持っている場合でも、わたし達の一部は依然として霊の中に存在しています。そのため、わたし達がある種の天国について、わたし達が霊の状態で行く場所について語る時、わたし達は既にそこに存在しています。

★意識の本質は霊覚リアリティ・バルーンです。モナドが居てソウル(リトルエンジェル)が存在するので逆はありません。『一つのものが すべてであり すべては 一つのものである』 のです。

●そのため、わたし達が地上で行ったことのために天国に入れることができるかできないか、その裁きを受けることについて語る時、わたし達の一部は既に霊の中に存在していて、そのためその中でわたし達が移動することは何物も妨げることができないため、わたしにとってこれは余計なことのように感じてしまいます。こうした数々の事実を考慮すると、わたし達が人間の内部で活動している状態は、実際に問題になるのでしょうか?

★実際に問題になるかどうかは意志によります、アファメーション(宣言)された事は、実行されようとします。アファメーションは潜在意識でなされる事はありません。顕在意識のトリプル・リアリティ『 今 』で宣言される事がスターゲートなので、潜在意識が関与するのはイニシエイション(意志)から、イマジネーション(創意)にレゾナンス(共鳴)するときにアダムカドモンに繋がるのです。ディヴァイン・ガーディアンにいる状態までは潜在意識は関与できません。

現実界をゲットウェイするのは、精霊がデセッション・インするからに他なりません。精霊意識が結晶化して物質化しているその現場に立ち会っているのです。

●数多くのメッセージの中でわたし達が伝えられているあらゆる物事は、わたしにとっては、ただわたし達が人間の内部に存在しているものと関連しているだけのように感じます。それはわたし達に、霊の内部でそれが意味していることを伝えていません。

★霊の内部で精霊意識体がゲットウェイして物質に成ろうとしているので、物質は究極の形(安定)で、意志が意志として永遠サイクルできるシステムの構築ということです。霊覚要素の霊質というものが中心ハートウェイとして構築され、永遠サイクルが構築され、霊覚意識の結晶質( アメンディの華)を取得できればダイヤモンド・クリスタルになると言われています。

精霊、聖霊、星霊の三位一体の光のトリガー意識体は私達の事です。光のトリガー(モナド)が今一度、ワンネスワンダーの根本創造主のパラレル・パーティションに整列し、新しい飛躍をする時だと私達は理解しています。霊の内部で意味していることはその事です。

人生は花火の如く、バーフェクト・リバティーと言われるように、私達はアメンディの華を咲かせて散って行くものなのでしょうか。時の華というものは創られる者で消え行く者の視点ではありません。時は創るもの宇宙は創造するもの、創り続ける事が永遠サイクルを維持する、たった一つの法則です。『変化することだけが変らない、ただし、最初の3つの法則は除く』です。

●わたし達が霊というただのエネルギーとして存在している時、わたし達は実際に霊の中にいる他の存在に何かをすることができるのでしょうか?

★すると言う事のサイキックはゲットウェイ(現実)の絡みになります。ソウル意識(魂の延長)を通して、神が顕現し、宇宙が顕現します。そこを理解しないと、虚像はただのファンタジー(フィクション)で終わってしまいます。弥勒の創世紀は現実界と無関係になると思われているのであれば、霊覚醒は程ど遠いでしょう。今以上に、現実の『 今 』に意識が集中する生き方になります。

●わたし達は霊の中のひとつの存在として罰せられることが有り得るのでしょうか? あるいはもしかすると人々が地獄と呼んでいるような、わたし達が独りで存在する何らかの他の場所に送られてしまうでしょうか?

★総ての存在は自分自身の反映ですが、ソウル意識(魂の延長)の総体の反映です、そのパラドックスは想像に絶するもので、旨く行かないとするならば、霊的隔離を必要とするかも知れません。私達はコンティニウム(時空連続帯域)に逃避する事が可能なのです。一歩退くことも必要で待つ事の試練も大きな進歩です。ハタヨガとラジャヨガは一体のものといいます。意識界と現実界は一体のものです。現実界がまま成らないときは意識界で、意識界で旨く行かないときは現実界でというのが鉄則です。

●物質的な身体は、ひとつの物質的な現実性を経験するために、ただわたし達の霊的な身体の延長として存在しているため、わたし達は既に天国の内部に存在しています。

★天使界の内部に存在していますが、霊覚醒を果たすまでは自由にという訳でないので第5イニシエイションは必須です。気(リアリティ・バルーン)が霊覚醒を解く鍵となるでしょう。

●わたし達は人間の考え方からそれをから合理化することはできますが、しかしそれは、霊の考え方に従っているでしょうか?

★ハイヤー・マインド(ソウル)とハイヤーセルフ(モナド意識)はフィールドが違います。私達はパラレル次元のパラレル・コンティニウムですが、ハイヤーセルフはモナド意識(グラウンド)に一体です。ハイヤーセルフのイニシエイション(意志)に従がいますが、実際はソウル(魂体)の判断です。親の思いと子供の思いは必ずしも一致しません。

●皆さんが本当にそれについて考えて、それをお互いに関連付けて筋道を通す時、このすべてが混乱している様子を確認してください。

★霊覚からくる判断と、実際の判断のずれを認識しています。実際には現実でき得る最善の選択がなされていますが、メディテーションの想いにはとうてい届きません。しかし、アファメーションしない現実は決して訪れませんし計画のないビジョンは現実しません。

●物質的な世界の内部には、これほど数多くの現実性に対する異なる視点が存在し、わたしはただ、おそらく霊的な世界の内部にはされに多くの視点が存在していることを思い浮かべることができるだけです。

★無限の可能性です。永遠という時はあまり意味の無い存在となります、期間を決めるのは時に縛られているからです。時という、マトリクス・グリッドを構築してコンティニウム(時空連続帯域)を構成し創造するクリエーター(創造者)であるのです。

●あるいはおそらく、わたし達が長い時間をかけて集めた、外部にはわたし達を支配し、わたし達を裁く何かが存在していることをわたし達に伝えている、そのすべての信念体系を一掃する必要があるだけです。

★信念体系を一掃する必要があるだけです。外の権威と思っていることは、自分自身の外意識観なのです。自分自身を外に観ているのです。かれらは、私、自分自身に何をしょうとしているか、自分自身をより豐にするためです。一人では寂しいという想いがどこかにありますね。

●ひとつの考え方からすると、わたし達はあらゆる個人ひとりひとりに、自分自身の痛みと苦悩を選択しただけだ、と伝えることができます。もしもわたし達がある異なる視点を持つ時、わたし達は、わたし達は一体であり、そのためわたし達がすべてその痛みと苦悩を創り出している、と伝えることができます。

★すべてその痛みと苦悩を創り出していると同時に、喜びと愛も創り出しています。どちらが勝っているかといえば、当然に愛や喜びだと思いませんか。

●わたしにとって、わたし達がそのようにならなければならないこと、わたし達がそう行動しなければならない状況、わたし達が何者かに関するすべての話やメッセージは、実際にこの現実性を変えることができる状態に関する充分な情報をわたし達に提供していない、と考えています。

★情報をわたし達に提供していないのでなく、受け取っていないのですね。『自分の与えるものが 自分の受け取るものである』 なのです。私達は総てにおいて、出し惜しみをしていませんか。与えられるものはたかが知れていますが、与えるものは無限で減りもしません。

●自分達は自分達の現実性の内部でそれが起っていること確認している、とわたし達に伝えている別の人々が存在していますが、しかしわたし達が暮らしている現実性全体に目を向ける時、わたし達はまったく多くの変化を確認しません。今わたしは、変化は起り得る、と考えていますが、しかしわたしは、この変化を本当に起こすことになる何かを見失っている、と考えています。

★この変化を本当に起こすことになる何かを見失っている。まさに、そのとおりです。私達は今と言う時を認識する必要があります。宇宙サイクルは私達が決めた者ではありません。ダークの宇宙空間の漣がゆれて、ゆらいだからです。

私達は宇宙サイクルに発生した、リトル・ボディーのディヴァイン・ガーディアンに存在している事実を認識するだけで、私達は歓喜の極わまりなのです。そこを、見失ったら総ては消え伏せるでしょう。

●そしてその見失っている部分が、あらゆるメッセージの中で議論されていません。

★皆んな判っているからです。

●何故彼らは地球上に留まって、さらに多くの変化に取り組まなかったのでしょうか?

★それは、それざれの意思の自由です。どこに居ても思いは同じです。私達になぜ地球に来たかと問うようなものです。

●彼らが伝える数々の変化はわたし達が地球上で起こすことができるものであり、物質的な現実性から実際に次元上昇できるさらに多くの道筋が存在しているのでしょうか?

★道は一つしかありません。選択は無限にあっても、進化の結果たどり着く弥勒の創世紀は一つの真実のみ、ワンネスワンダーです。

●実際の目標は、その時点のひとりの個人、あるいはその時点の小さな数々の集団が物質的な現実性から出るひとつの方法をわたし達が見付け出すことになっています、そのため、物質的な世界は本当に変化しようとしているのではなく、あるいは多くを変化させるようなこともないのでしょうか。

★物質界が変化しているのではなく、意識(メディテーション)が意志により、アファメーション、イニシエイション、イマジネーション、クリエイションして、ハートウェイ(中心ハート)にクリスタル現質(コーザル現実界)を構築しています。

私達はソウル(魂体)であり、パラレル・パーソナリティなのです。パーソナリティという意味自体にパラレルという事とパラメーターという事が含まれています。パラレル・コンティニウムは物質界の惑星系が13の軌道をとって宇宙サイクルしているのと同じで、リトル・ボディーとソウルは共に変化しています。

惑星はアセンションごとに、内側にデセッション・インしていき、私達、ソウル意識はアセンションごとに、フィールドを拡大して行きます。第5宇宙の中心ハート地球は、第2段階デセッション・インのソウル意識(魂の延長)は第7宇宙をカバーします。リアリティ・バルーンはロゴス宇宙のトリプル・リアリティなのです。

クリスタル核といボディーを意識がリサイクルしています。呼吸しているわけで、物質界は常に変容しています。一筋に直結にとい訳ではありませんが、自分自身の意思の反映のなかにリサイクルしています。自分自身の創造の中にです。

よろしくお願いします。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
弥勒3036年の創世紀、新世紀を築くためにの情報交換、公開を致します。ワンダーラー、ライトワカー、ガーディアンへの情報ネットワークを融合して、ワンネスワンダーのアンタカラナを構築します。
質問、疑問はBBSへ投稿して下さい。
http://itteza.bbs.fc2.com/
宜しくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 空の真法 ディヴァインガーディアン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
空の真法(EMPTY LAW)ホームペイジ
http://kajikanet.com/
ミクシ― かじかの日記
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=16276220&from=navi
アメブロ 空の真法 ディヴァインガーディアン情報
http://ameblo.jp/kajikanet/
携帯 ホームペイジ
http://kajikanet.com/mobile/
メルマガ 空の真法(ディヴァインガーディアン情報)
http://www.mailbank.biz/mag.php?mid=2713
携帯 空の真法 アセンション情報 空メール登録は
00587447s@merumo.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マガジン主催者 かじかネット
http://kajikanet.com/
編集責任者 
森 兼隆
bsj@kajikanet.com
790-0824
愛媛県松山市御幸2丁目4-49
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拍手[0回]

PR

フリーエリア

最新記事

(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/03)
(03/03)
(03/03)
(03/03)

プロフィール

HN:
かじか
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1953/04/18
職業:
自営業
趣味:
写真
自己紹介:
空の真法 ディヴァインガーディアン情報

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者アナライズ

カテゴリー

Copyright © メルマガ ディヴァインガーディアン情報 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]