忍者ブログ

メルマガ ディヴァインガーディアン情報

空の真法 ディヴァインガーディアン情報 バックナンバー
HOME  >    >  [PR]  >  空の真法 2012年9月 ディヴァインガーディアン情報  >  空の真法 二極化の極限にいます
[479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空の真法 二極化の極限にいます 

★。.* 。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
空の真法 ディヴァインガーディアン情報 
★。. *。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
二極化の極限にいます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年09月30日19:40
私達は二極化の極限にいます。宇宙のシューウマン共振が、最大の揺れ幅の±1/2π(90度)ラジアンの一直角(180度)のメビウス反転の直前にいます。

メモリアル意識で、善悪、光と闇が両極で並行し均衡しています。私達は光を選択したのは事実ですが、それは光の表面だけでした、裏面の闇は二極化の中でピッタリ表裏一体にセットされています。

情緒を超克する唯一の方法は、言ってみれば、皆さんの意識で、情緒から超然とすることであり、情緒と戦うことではなく、単純に情緒を存在させることです。

私達の対処方法の第1は完全に皆さんの怒りと一体になることでした。2番目の方法は、怒りを締め出し、怒りを抑圧し、そして怒りを非難することでした。 3番目の方法が怒りを許すことです。怒りをそのままにして、それを超越することです。これからは、3番目の方法でパラレル・コンティニウムの分離宇宙でのエネルギー処理方法になります。

私達が二極化の極限に達っしていなかったなら、この第3の対処方法は具現して来ませんでした。私達がパラレル並行の整列を観測して感じ取る事が出来るようになったからです。二極化が極まって一つの超越時空を獲得しました。臨在領域のマックスウェイです。コンティニウム(時空連続帯域)という事でしょう。私達が経験を通じて獲得したアイム・アイ・アイ(アイデンティティ)です。

ネットでは情報が二極化して、正反対の事が混乱と揺さぶりを掛けています。この宇宙で何でも有りなんだと、素直に認めてそれぞれの情緒を感じて消化してください。私達は自分自身の情緒に従えばいいだけです。中心ハートウェイは誰でもなく、私、自分自身の選択でいいのです。味わい堪能したら手放せます。

よろしくお願いします。

参照
■この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世から現在にいたる誤ってる想念が、その運命と現れて消えていく時に起こる姿である。いかなる苦悩といえど現われれば必ず消えるものであるから。。。(五井昌久)

●ヨシュア:第三の方法 から

皆さんはどれほど頻繁に、依然として皆さん自身と闘い、皆さんの中で湧き上がってくるものを、皆さんの中で自然に現れて自由に流れることを望むものを非難していますか?

この断定的判断という状態の中に、ひとつの批判のエネルギーが、ひとつの冷やかさが、居座っています。“これはそうであってはならない、これは間違っている、これは姿を消す必要がある”。このエネルギーを感じてください。それは皆さんに役立ちますか?

わたしは今、皆さん自身を見る別の方法に皆さんを連れて行きたいと思います。変化が起こり得るひとつの場所ですが、しかし闘うことなく、皆さん自身の手荒な格闘がない場所です。これを明確にするために、皆さんにひとつの具体例を提供したいと思います。

皆さんがそれをどのように名付けるとしても、皆さんの中で怒りあるいは苛立ちという感覚を呼び起こす何らかの出来事が、皆さんの人生で起ることを思い描いてください。

ここで皆さんは、異なる方法で、その怒りに対応することができます。もしも皆さんが皆さんの情緒を真剣に考えることに慣れていない状態で、皆さんの反応がとても原始的なものであれば、そこには怒り以外のものは存在しません。

皆さんは怒ります。以上です。皆さんは怒りの中に呑み込まれ、そして皆さんはその怒りと一体になります。その時、皆さんが皆さんの怒りの原因を皆さん自身の外部に設定する事態が頻繁に起こります。

皆さんはその非難を他の誰かに投影します。他の誰かが何か悪いことをしました。そして皆さんが怒りを感じるのは、彼あるいは彼女の落ち度です。これは、最も原始的な対応です。皆さんは皆さんの怒りと一体になり、皆さんは怒ります。

別の可能性は、わたしが2番目の対応の方法と呼んでいるものです。皆さんは怒り、そして瞬時に皆さんの頭の中の声が話します。“これはあってはならない。これは悪いことだ。怒るのは良くない。わたしは怒りを抑えなければならない。”

皆さんの怒りを抑圧することは、皆さんの宗教的な生い立ちを通して、あるいは社会的な視点から、皆さんに教えられてきました。

例えば、他の人々に皆さんの怒りを明らかにしないことは、より良く、より素晴らしく、より道徳的に厳格なことです。率直に怒りを表現することがそぐわないことは、確かに女性に当てはまります。それは女性らしくないからです。

皆さんが今まで説得されてきて、皆さん自身の中で皆さんが怒りを判断する原因になっている、すべての種類の考え方があります。次に、何が起こりますか?

皆さんの中に怒りがあり、そして瞬時にその怒りを超えてひとつの意見が湧き上がります。“これは許されない。これは悪いことだ”。次に皆さんの怒りは皆さんの影の部分になります。何故なら、それは文字通り、光の状態にならないからです。

それは皆さんが見てはいけないものになります。もしも怒りがこのようにして抑圧されると、その怒りに何が起るでしょうか?

怒りは消えず、皆さんの背後に回って、別の方法で皆さんに影響を与えます。皆さんに怖れや不安をもたらす可能性があります。皆さんは怒りの中に宿っている力を活用することはできません。何故なら、皆さんは皆さん自身がそれを利用することを許さないからです。

皆さんは皆さんの優しく、素晴らしく、有用な側面を明らかにするかもしれませんが、しかし情熱的で怒りを持った側面は明らかにしません。皆さん自身の反抗的な側面です。

そのため、その怒りは閉じ込められ、そして皆さんは、皆さんがこうした数々の感覚を持っているため他の人々とは違うと考え、皆さん自身を敢えて他の人々から遠ざけ始める可能性があります。

とにかく、こうした状況が、皆さん自身の内部と、外見上の光の自己と闇の自己という2つの自己の間で、ひとつの苦々しい葛藤を創り出します。

それと同時に、皆さんはこの悲痛なゲームに巻き込まれ、皆さんは皆さん自身を表現することができないため、それが内面を傷付けます。この判断が、皆さんを限定します。皆さんは、この対応のために、ほんとうにより良い人柄になりますか?

皆さん自身の数々の情緒を抑圧することは、皆さんを穏やかで愛情溢れる人間という理想に導こうとしているでしょうか?

もしもわたしがこのすべてを皆さんに説明するとすれば、皆さんはこの種の対応が機能しないことをかなり明確に理解することができます。それは、真の穏やかさ、真の内面の安定に結び付きません。それにもかかわらず、皆さんは皆さん自身に対してこのすべてを行います。

皆さんはあまりに頻繁に、皆さんの情緒を沈黙させます。何故なら、皆さんの情緒は皆さんが抱いている数々の倫理によると、良いものではないからです。そして皆さんは、こうした倫理が何処から現れて、誰によって、何によって皆さんに与えられたのか、良く考えません。

そのため、わたしは皆さんに、これを勧めます。それについて考えるのではなく、それを感じることです。

時に外見的にとても高い動機から現れる、理想になっているものと皆さんが “すべき” ものという皆さんの発想で、皆さんが皆さん自身に向けて火を付けている数々の判断があります。

その判断の中に宿っている、そのエネルギーを感じてください。それをそのままにしてください。皆さんは、皆さんの情緒を抑制することによって、また体系的に情緒を抑圧することによって、啓発を得ることはありません。

●3番目の方法、皆さん自身の人間的な上昇を表現する第三の方法があります。
最初の方法は、先の具体例の中のように、完全に皆さんの怒りと一体になることでした。

●2番目の方法は、怒りを締め出し、怒りを抑圧し、そして怒りを非難することでした。

●3番目の方法は、怒りを許すことです。怒りをそのままにして、それを超越することです。

それは意識が行うことです。わたしが伝えている意識は、判断を下しません。それはひとつの存在状態です。それはひとつの観察方法であり、それと同時に創造的なものです。今、数多くの霊的な伝統が、“皆さん自身を心得ろ、それで充分だ”、と伝えてきました。

皆さんはどうすればそれを行うことができるのでしょうか?

どのようにすれば、単なるわたし自身という自覚的意識がわたしの情緒の流れの変化を引き起こすことができるのでしょうか?

皆さんは、意識とは非常に強力なものであることを良く理解することが必要です。それは、ひとつの情緒の受動的な位置合せ以上のものです。意識は、ある強力な創造的な力を備えています。

ここでもう一度、外部世界の何かが皆さんの中で、例えば怒りというひとつの強力な情緒を呼び起こすことを思い描いてください。皆さんがその怒りを意識的に処理する時、皆さんは皆さん自身の内部で完全にその怒りを観察します。

皆さんはそれについて何もせず、その一方で同時に皆さんは観察と注目を続けます。皆さんはもはや怒りと一体ではなく、皆さんの怒りの中で皆さんを失うことはありません。皆さんはただ、その怒りがそのままで存在することを許します。これはひとつの感情超越の状態ですが、しかし非常な強さをもった感情超越です。

何故なら、皆さんが今まで学んできたあらゆる物事が、皆さんを皆さんの雰囲気の中に、怒りあるいは怖れという情緒の内部に引き寄せられた状態に誘い込むからです。そしてそれをさらに複雑なものにするために、皆さんはまた、その怒りあるいは怖れについての判断に引き寄せられます。

それで皆さんは、2つの方法で引き寄せられ、意識から、わたしが最初に話題にした出口から、引き離されます。内面の穏やかさに向かう路になる出口です。

情緒に対処する皆さんの普通の方法が、言ってみればその中心点から、その意識から、皆さんを引き離します。それにもかかわらず、これが唯一の脱出方法になります。ただ情緒全体を静かに観察することによって、皆さんは無意識になることなく、皆さんは完全に現在に留まります。

皆さんは、情緒によっても、情緒の判断によっても、皆さん自身をその情緒の中に引き寄せられることはありません。皆さんは充分に意識して、柔軟な感覚で、その情緒に目を向けます。これが、わたしの中にある方法です。

“わたしはわたしの中で湧き上がる怒りを確認する。
わたしは、わたしの身体を駆け巡る怒りを感じる”。
“わたしの胃が、あるいはわたしのこころが反応する。
わたしの思考はわたしの情緒の理由を正当化するために反応している”。
“わたしの思考が、正しいのはわたしで、他の人物ではない、と伝える”。

皆さんが皆さん自身を観察する時、皆さんはこのすべてが起っていることを確認することができますが、しかし皆さんはその情緒に足並みを揃えることはありません。

皆さんは、情緒の中で溺れ死ぬこともありません。
皆さんは、行き詰ることもありません。
それが意識であり、これが精神の透明性です。

そしてこのようにして、皆さんは皆さんの生命の中で、怖れ、怒り、不信という悪魔を眠らせます。皆さんは、その情緒と一体になる時、あるいはもしも皆さんが判断を用いてその情緒と戦う時、その情緒を強化します。いずれにせよ、皆さんは情緒を助長します。

情緒を超克する唯一の方法は、言ってみれば、皆さんの意識で、情緒から超然とすることであり、情緒と戦うことではなく、単純に情緒を存在させることです。

その時、皆さんに何が起っていますか?
意識は静的なものではありません。
物事は、その姿のまま留まることはありません。

もしも皆さんがその情緒のエネルギーを、あるいは皆さんの情緒についての判断のエネルギーを助長しなければ、情緒は徐々に消えてゆくことを、皆さんは気付くようになるでしょう。

言い換えれば、皆さんのこころの平静がさらに強くなるでしょう。
皆さん基本的な感覚は、より穏やかで歓びに溢れたものになります。

何故なら、もしも皆さんのこころの中と皆さんの魂の中にもはや戦いがないとすれば、歓びが上に向かって泡立ってくるからです。

皆さんは人生を、より温和な目線で確認します。
皆さんは皆さんの身体の中の情緒の動きを確認し、そしてそれを観察します。
皆さんはまた、柔軟で温和な目線で、皆さんの頭を貫いて走り始める思考を観察します。

観察して飲み込まれない能力が、とても力に溢れた強いものであることを認識してください。それが目的になっているすべてです。これが出口です!

わたしは今、この瞬間に、皆さんが皆さん自身の意識の力を経験することを求めたいと思います。純粋な存在であり、それを経由した解放であり、それによって皆さんは、皆さん自身の中で変化させる必要があるものは何もないと感じることができます。

この意識の静けさと透明性を感じてください。
それは皆さんの本当の姿です。
偽りの判断を放棄してください。
その情緒を自由に動かして、それを抑圧しないでください。
それは皆さんの一部であり、その一部はひとつのメッセージを持っています。
皆さんが怖れ、皆さんを悩まし、皆さんが戦うひとつの情緒を皆さんが経験するかどうか、皆さん自身に尋ねてください。

もしかすると、それは皆さんにとって禁忌になってきたものでしょうか?

今、それがひとりの子供、あるいは動物の姿で進み出て、それ自体を現し、それ自体を明らかにすることを許してください。その子供は子供自身を完全に表現するかもしれず、あるいは無作法にさえ振る舞うかもしれません。

もしかすると、それは皆さんにとって禁忌になってきたものでしょうか?

今、それがひとりの子供、あるいは動物の姿で進み出て、それ自体を現し、それ自体を明らかにすることを許してください。その子供は子供自身を完全に表現するかもしれず、あるいは無作法にさえ振る舞うかもしれません。

何が起ろうとも、子供が行いたいと思うあらゆる物事を行い、子供が感じることを皆さんに伝えることが許されている必要があります。皆さんは見て、このように語る、自覚的意識です。“その通り、わたしはあなたを理解したい。

わたしはあなたの物語を聞きたい。それを表現してくれ”。“わたしにあなたの物語を話してくれ、何故ならそれはあなたの真実であり、その真実ではないかもしれないけれど、しかしわたしはあなたの物語が聞きたい”。

そのようにして皆さんの情緒を経験して、その情緒を非難しないでください。情緒が皆さんと話すために現れるようにしてください。賢明な年配者の温和さで情緒を扱い、その子供あるいは動物がもたらすものを観察してください。

しばしば否定的な情緒の中に隠されていて、現れることを望んでいるひとつの純粋な生命力があります。それは今まで、断定的な判断のすべての偏見によって窒息死させられてきました。その子供または動物が皆さんを目指してスキップしながら現れるようにしてください。もしかすると、その子供は今、その容姿を変えているかもしれません。

自覚的意識は変化します。それは変化の主要な手段ですが、それにもかかわらず、同時にそれは何も変化させないことを望みます。自覚的意識はこう伝えます。“その通り、そうなっているものはその通り!”

そこに存在しているすべての人々にとってそれは理解できて受け入れられることであり、これがあらゆる物事を変化させます。何故なら、それは皆さんを自由にするからです。今、皆さんは自由であり、もはや皆さんの情緒や皆さんの情緒に対する判断の言いなりではありません。

情緒をそのありのままの姿にすることによって、情緒は皆さんに対する支配力を失います。言うまでもなく、皆さんが皆さんの情緒や皆さんの偏見に圧倒されることは依然として折りに触れて起ります。これが、人間として存在することです。

そこで身動きが取れなくなり、そのために皆さん自身を責めることがないようにしてください。“えっ、わたしは綺麗な意識を実現していなかった。わたしは何かわるいことをしたに違いない。”

もしも皆さんがこう考え始めると、皆さんは再び判断というボールを転がし始めます。皆さんは皆さん自身と戦わないことによって、いつも出口に帰り、穏やかさに戻ることができます。

間違いなく、そこにあるものを観察してください。引き込まれないことは、大いなる強さです。それが真の霊性の力です。真の霊性は、倫理観ではありません。真の霊性は、ひとつの存在方法です。

ヨシュア:第三の方法
http://ameblo.jp/kajikanet/entry-11366919799.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1873350220&owner_id=16276220

宜しくお願いします。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
弥勒3036年の創世紀、新世紀を築くためにの情報交換、公開を致します。ワンダーラー、ライトワカー、ガーディアンへの情報ネットワークを融合して、ワンネスワンダーのアンタカラナを構築します。
質問、疑問はBBSへ投稿して下さい。
http://itteza.bbs.fc2.com/
宜しくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 空の真法 ディヴァインガーディアン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
空の真法(EMPTY LAW)ホームペイジ
http://kajikanet.com/
ミクシ― かじかの日記
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=16276220&from=navi
アメブロ 空の真法 ディヴァインガーディアン情報
http://ameblo.jp/kajikanet/
携帯 ホームペイジ
http://kajikanet.com/mobile/
メルマガ 空の真法(ディヴァインガーディアン情報)
http://www.mailbank.biz/mag.php?mid=2713
携帯 空の真法 アセンション情報 空メール登録は
00587447s@merumo.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マガジン主催者 かじかネット
http://kajikanet.com/
編集責任者 
森 兼隆
bsj@kajikanet.com
790-0824
愛媛県松山市御幸2丁目4-49
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拍手[0回]

PR

フリーエリア

最新記事

(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/03)
(03/03)
(03/03)
(03/03)

プロフィール

HN:
かじか
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1953/04/18
職業:
自営業
趣味:
写真
自己紹介:
空の真法 ディヴァインガーディアン情報

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者アナライズ

カテゴリー

Copyright © メルマガ ディヴァインガーディアン情報 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]