忍者ブログ

メルマガ ディヴァインガーディアン情報

空の真法 ディヴァインガーディアン情報 バックナンバー
HOME  >    >  [PR]  >  空の真法 2011年6月 ディヴァインガーディアン情報  >  空の真法 太陽系領域とニュートリノ宇宙
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空の真法 太陽系領域とニュートリノ宇宙 

★。.* 。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
空の真法 ディヴァインガーディアン情報 
★。. *。・。゜*゜☆°。・。.。*°°★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
太陽系領域とニュートリノ宇宙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2011年06月17日20:21
太陽系領域は四つのエリアからなり

■2-2エナジー領域
第1惑星から第2惑星

2-222 水星
2-333 金星

■3-3エーテル領域
第3惑星から第五惑星

3-333 地球
3-444 火星
3-555 マルデグ

■4-4アストラル領域
第6惑星から第10惑星

4-444 木星
4-555 土星
4-666 天王星
4-777 海王星
4-888 冥王星

■5-5ノエティック領域
第11惑星から第13惑星

5-555 クラリオン(Clarion)
5-666 二ビル(Nibiru)
5-777 ラステアリファ(Lastealipha) 

★ダーク惑星
5-888 14惑星
5-999 15惑星
6-000 16惑星

■第四時間軸上のブラックホールとホワイトホールはアストラル界の時間軸で、太陽系中心からのπ(ラジアン角)のタイムスケールを構成します。ブラックホールはタイムゲージの、-2πの整数倍に収束します。ホワイトホールは±1/2πの累乗倍に収束します。

■第五時間軸上のブラックホールは第0宇宙軸(±0π)に、ホワイトホールは第1宇宙軸(±π)に収束します。

太陽系のアストラル界領域は、-4π(ラジアン角)にあたり、第四宇宙と言われています。 今現在の地球はエーテル領域第三宇宙です。もうすぐ、第四宇宙との融合が始まります。フィールドが融合するとマインド(原点)が分離する、相反する状態が顕現します。

第三、第四宇宙が一つの共有領域に入ると、第三宇宙核、第四宇宙核の二つのマインドが並立する事になります。 -4π宇宙核と-2π宇宙核、-π宇宙核は第0宇宙核に対応して、ニュートリノ宇宙を構成(トライアングル)して、多重多次元構築を完成します。

第0宇宙軸がリアリティ『 今 』のアイ・アム・ディヴァインであり、-次元宇宙軸に収束のるブラックホールは過去宇宙なのです。アストラル宇宙(聖霊宇宙種族)より、ノエティック宇宙(精霊天使種族)のほうが古い意識生命体であるのです。

天王星のアストラル宇宙に誕生のかぐや媛は、私達の地球がエナジー体生命体(バクテリア、ビールス)発生のレベルのとき、私達のような人間種族として木星太陽系に生息していたのでしょう。 一つ前の大アセンション、木星太陽地球フィールドがエーテル界からアストラル界に上がる前の事です。

その時、私達の地球はエナジー領域にあって、水星か金星の軌道にあったでしょう。木星太陽系地球が今の地球の位置で、アセンションして、木星系アストラル界にシフトします。 木星太陽の伴星太陽がその時に入ってきて新しく太陽となったのでしょう。 私達が観ている太陽系はアストラル界から観れば全く違った構成をしているでしょう。

■トリプル・アセンション

地球のガイア・アセンションで、第3宇宙(4-5コーザル体)地球はアセンションして、第4宇宙シリウス星系(5-4コーザル界)にテレポートします。第3宇宙(4-4アストラル体)地球は、第4宇宙アストラル界の木星太陽系第4惑星地球としてテレポートします。

第4宇宙シリウス星系は2036年までに、天の川銀河アセンションで第5宇宙領域にアセンションし、同じ領域の第4宇宙(4-5コーザル体)地球は便乗して第5宇宙にアセンションします。弥勒3036年は、西暦5048年で5000年周期アストラル・リッド構築(クリスタル・ハート・グリッド)完成です。弥勒の創世紀が終了し、あわ銀河アセンションの完了となります。

■ガイア・アセンション後の木星太陽系

第4宇宙 アストラル領域

   4-0 木星太陽
   4-1 水星
   4-2 金星
   4-3 火星(新生地球)
   4-4 アストラル地球(転生惑星)
   4-5 マルデグ星(復活)
   4-6 土星
   4-7 天王星
   4-8 海王星
   4-9 冥王星
   4-10 クラリオン星
   4-11 ラステアリファ星

第5宇宙 ノエティック領域

   5-0 シリウス星系太陽
   5-1 シリウスA 「アルメーラ」 菊理姫(白山比咩神)
   5-2 シリウスB 「ディジターリア」 瀬織津姫
   5-3 シリウスC 「エンメー・ヤ」 伊耶那美命(いざなみのみこと)
   5-4 シリウスD 「ニャン・トーロー」 泣澤女神(なきさわめのかみ)
   5-5 シリウスE 「ミネラーヴァ」 宇宙刑務所 アヌビス
   5-6 小惑星
   5-7 小惑星
   5-8-0 太陽-二ビル系(ニュートリノ地球系)
   5-8-1 第1エクセルシオール
   5-8-2 第2エクセルシオール
   5-8-3 第3エクセルシオール
   5-8-4 第4エクセルシオール
   5-8-5 第5エクセルシオール
   5-8-6 第6エクセルシオール
   5-8-7 第7エクセルシオール
   5-8-8 第8エクセルシオール

ニュートリノ宇宙は今までと宇宙構造が異なるので、どのような形態になるのか予想できません。シリウス星系の第8惑星の軌道にはいり、そこに第0宇宙ボーダーゲートを起動すると思われます。

ニュートリノ宇宙の特徴は第0宇宙に並行宇宙が構成され、その実体がどこに収束するか不明です。普通の5次元宇宙であれば、第5時間軸のゼロ点に収束し、第4時間軸上にサイクロトロン螺旋状に拡散します。自明のゼロ点に収束するブラックホールで第4宇宙です。

ニュートリノ宇宙は不明のゼロ点、±π(ラジアン角)に収束し、ホワイトホールの第5宇宙で、第0宇宙軸に創造される多重並行構造宇宙です。-πに収束するのは亜相次元宇宙で、+πに収束するのは位相次元時空で座標マトリックス宇宙です。予想ではダーク宇宙に構築されるという事でしょう。

したがって、アストラル界からは観えないかも知れません。木星系地球(アストラル界)の人が天体を観測しても、ニュートリノ地球(エクセルシオール)は観測されないでしょう。

よろしくお願いします。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━■
弥勒3036年の創世紀、新世紀を築くためにの情報交換、公開を致します。ワンダーラー、ライトワカー、ガーディアンへの情報ネットワークを融合して、ワンネスワンダーのアンタカラナを構築します。
質問、疑問はBBSへ投稿して下さい。
http://itteza.bbs.fc2.com/
宜しくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 空の真法 ディヴァインガーディアン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
空の真法(EMPTY LAW)ホームペイジ
http://kajikanet.com/
ミクシ― かじかの日記
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=16276220&from=navi
アメブロ アフィリエイト・ダッシュ
http://ameblo.jp/kajikanet/
携帯 ホームペイジ
http://kajikanet.com/mobile/
メルマガ 空の真法(ディヴァインガーディアン情報)
http://www.mailbank.biz/mag.php?mid=2713
携帯 空の真法 アセンション情報 空メール登録は
00587447s@merumo.ne.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マガジン主催者 かじかネット
http://kajikanet.com/
編集責任者 
森 兼隆
bsj@kajikanet.com
790-0824
愛媛県松山市御幸2丁目4-49
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

拍手[0回]

PR

フリーエリア

最新記事

(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(06/07)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/11)
(03/03)
(03/03)
(03/03)
(03/03)

プロフィール

HN:
かじか
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1953/04/18
職業:
自営業
趣味:
写真
自己紹介:
空の真法 ディヴァインガーディアン情報

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者アナライズ

カテゴリー

Copyright © メルマガ ディヴァインガーディアン情報 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫  Template by katze
忍者ブログ [PR]